精油の取り扱い方法

冷え性に効果的なアロマテラピーである「精油の取り扱い方法」について

精油の取り扱い方法

精油は濃縮された純度の高いものです。天然のオイルではありますが、直接肌につけたり、口に入れたりすることは避けてください。目元や口元などのデリケートな部分には、希釈した精油であっても、使用するのは控えてください。

正しく計量する場合は、ガラス製で精油の成分で溶解しないシリコン樹脂のスポイトを用意します。使用後は無水エタノールできれいに洗浄してください。

また、次のことにも注意してください。

◆3 歳以下の乳幼児への使用は避けてください。12 歳以下の子供の場合は、大人の半量で試してから使います。

◆誤飲、誤用を防止するために、子供の手の届かない所に保管してください。

◆敏感肌、アレルギー体質の方は、事前にパッチテストで試してから使用してください。

◆「ベルガモット」「レモン」「スイートオレンジ」「グレープフルーツ」などの柑橘系の精油には光感作用があります。使用した直後に紫外線に当てると、赤く腫れたり、しみになったりすることがあります。日中や外出前に使用することは避けてください。

◆お年寄りや妊婦、肌がデリケートになっている状態のときには、使用する精油や使用方法に十分注意してください。種類によっては妊娠中にダメージを与えるものがあります。