ショーツ

冷え性に効果的な下着である「ショーツ」について

冷え性に効果的な「ショーツ」

東洋医学ではよく「仙骨を冷やすな」といいます。仙骨とは脊柱の下端部で、骨盤の後盤を作っている骨です。

この骨が冷えると子宮や腸などをガードしている腸骨までが冷え、さらに子宮や卵巣までもが冷えてしまい、その結果、自律神経の働きが乱れたりホルモンのバランスがくずれたりします。

しかも、下腹部のあたりには、生殖器などから排出された老廃物を処理するため、人体の全血液の1/3にあたる量がめぐっており、この部分が冷えると下半身の血流が滞って、冷えを引き起こす大きな原因となります。ですから、Tバックやハイレグカットなど、露出部分の多いタイプのものは極力避けるべきなのです。

おすすめの履き方

そこで、冷え性の方は下腹部や臀部をすっぽりと包み込むような大きめのショーツを履き、その上にパンティーストッキング、さらにロングスカートで冷たい空気をシャットアウトするのがおすすめです。

もしミニスカートを止められないというのであれば、ショーツの重ね履きをおすすめします。普通のショーツを2枚重ねて履くだけのことですが、これだけでもだいぶ楽になるはずです。

選び方と注意点

布地は通気性がよく、保温性も高い綿素材が最適です。これならば、重ね履きをしても蒸れることはありません。また、冬場はそのほうが毛糸のパンツを履くより暖かいはずです。化学繊維は通気性がよくないので、避けてください。

もう一つ気をつけて欲しいは、きついショーツは避けるということです。

お腹を冷やさないために、ガードルをつける方がいますが、ウエストや、すそのゴムがきつすぎると、大腿部の付け根を走っている大腿動脈や鼠径リンパ節を圧迫して、下半身の血液循環を阻害し、逆に冷えがひどくなることになりかねません。

そのためショーツを重ね履きするときは、「ややゆるめで少し大きめのものを選ぶ」ことが、冷えを防ぐためのポイントと言えます。